国勢調査報告 第2次基本集計結果 平成2年 第3巻 その2 45 - 総務庁統計局

次基本集計結果 国勢調査報告 総務庁統計局

Add: fikusuv21 - Date: 2020-12-10 08:37:12 - Views: 6992 - Clicks: 2147

第2次基本集計結果 総務庁統計局編 (国勢調査報告 / 総理府統計局編, 平成2年第3巻) 日本統計協会, 1992. 第3次基本集計結果 4. 付録 日本人口地図 4. 第1巻 総括編 2. 2)「役員」を含む。 3. 国勢調査は、統計法に基づいて実施しています。 統計法では、調査対象者が安心して、事実をありのまま回答できるように、統計調査に携わる者に対して厳格な守秘義務を課しています。国勢調査により集められた個人情報については、厳格に保護されますので、もれなくご回答をお願いします。 また、統計法では、調査対象者の報告義務と、報告を拒んだり、虚偽の報告をした場合の罰則が規定されています。. 3 平成22年国勢調査人口及び世帯の概要(速報値)(pdfファイル1908KB).

4%増加となっている。 就業者数を従業上の地位別にみると,雇用者が1,170,251人(15歳以上就業者数の86. 国勢調査報告 / 総理府統計局編 ; 平成2年第4巻. わが国の人口集中地区 5. 平成27年国勢調査 調査の結果のページをご覧ください。 ・人口速報集計(要計表による人口集計)結果(平成28年2月26日公表) ・抽出速報集計結果(平成28年6月29日公表) ・人口等基本集計結果(平成28年10月26日公表) ・移動人口の男女・年齢等集計(平成29年1月27日公表) ・就業状態等基本集計結果(平成29年4月26日公表) ・従業地・通学地による人口・就業状態等集計 (平成29年6月28日公表) ・世帯構造等基本集計結果(平成29年9月27日公表) ・抽出詳細集計(平成29年12月13日公表).

人口等基本集計結果(神奈川県の確定数) 2. 第1巻 記述編 《人口,體性,年齢,配偶関係,世帯》 第2巻 全国結果表 《人口,年齢,配偶関係,世帯》 第3巻 市町村別世帯及び人口 第4巻 府県編(47分冊) 《世帯,年齢,配偶関係》. 1)従業上の地位「不詳」を含む。 2. 法定人口としての利用 衆議院議員の小選挙区の画定基準、地方交付税の算定基準など 行政政策の基礎資料としての利用 福祉政策、生活環境整備、防災対策等の国・地方公共団体における様々な施策の実施や計画の策定など 学術、教育、民間など広範な分野での利用 人口学等の研究、人口の将来推計、学校などの教育用資料、民間企業での需要予測や店舗の立地計画など.

Bib: BNISBN:その2 都道府県・市区町村編 31 鳥取県その2 都道府県・市区町村編 32 島根県その2 都道府県・市区町村編 33 岡山県その2. 3)「家庭内職者」を含む。 4. 最終更新日:年5月23日(木) 国勢調査のトップページ 平成12年国勢調査結果 統計表 第1次基本集計結果|第2次基本集計結果|第3次基本集計結果|従業地・通学地集計結果. 国勢調査報告 / 総理府統計局編 ; 昭和60年 第3巻 著者名: 総務庁統計. 注)構成比は不詳を除いて算出。 目次に戻る.

4%)となっており,就業者の6割以上が第3次産業に従事している。 産業3部門別就業者数の割合の推移をみると,第1次産業は昭和35年までは50%を上回っていたが,その後は減少が続き,60年には10%台に低下し,平成7年には10%を割り込み,平成27年には5. 9%となっている。 また,第2次産業の就業者数の割合は平成2年をピークに減少に転じ,平成27年では前回と同率の29. 2ポイント上昇したことにより,M字カーブの底が上昇し,曲線が緩やかになっている。 男女別に年齢5歳階級別労働力率の増減をみると,男性は15~59歳の各年齢階級で労働力率が低下しているが,60歳以上は上昇している。女性は15歳から24歳の各年齢階級で労働力率が低下しているが,25歳以上の各年齢階級で上昇している。特に55~59歳で6. シリーズ名: 国勢調査報告 / 総理府統計局編 ; 平成2年第3巻 書誌id: bnisbn:その2 都道府県・市区町村編 国勢調査報告 第2次基本集計結果 平成2年 第3巻 その2 45 - 総務庁統計局 01 北海道x 国勢調査報告 第2次基本集計結果 平成2年 第3巻 その2 45 - 総務庁統計局 (その2 都道府県・市区町村編 02 青森県その2 都道府県・市区町村編 03 岩手県. 注)平成17年国勢調査は新産業分類特別集計結果による。 割合は分母から「分類不能の産業」を除いて算出。. 注)平成17年国勢調査新産業分類特別集計結果による。 (再掲)の3部門別割合は,分母から「分類不能の産業」を除いて算出。 目次に戻る. See full list on stat.

Bib: BNISBN:その2 都道府県・市区町村編 01 北海道X (その2 都道府県・市区町村編 02 青森県その2 都道府県・市区町村編 03 岩手県その2. 親と同居している者の割合 42.4%(全国第2位) 男 45.7%(全国第2位) 女 39.3%(全国第2位) 親と同居している未婚者の割合 84.3%(全国第1位) 男 82.0%(全国第3位) 女 87.2%(全国第1位) 母子・父子世帯に占める中学生以下の子供がいる世帯の割合 母子世帯 71.3%(平成22年から4.8ポイント低下) 父子世帯 61.4%(平成22年から3.9ポイント低下) ※割合は、分母から不詳を除いて算出 平成27年国勢調査 世帯構造等基本集計 福井県結果の概要(565KB) 付表統計表(各ファイルExcel形式) 付表1 親との同居・非同居、男女別人口の推移(平成17年~27年) 付表2 男女、配偶関係、年齢階級別親と「同居している」者の割合(平成22年、27年) 付表3 男女、配偶関係、年齢階級別子と「同居している」者の割合(平成22年、27年) 付表4 母子世帯、父子世帯に占める子供の数別割合および最年少の子供の年齢別割合(平成22年、27年) 付表5 母子世帯の母および女性全体の年齢階級別労働力率(平成22年、27年) 付表6 都道府県別親と「同居している」者の割合(平成27年) 付表7 都道府県別子と「同居している」者の割合(平成27年) トップに戻る. 外部有識者の参加を得て,平成22年国勢調査の企画・実施に関する検討を行いました。 平成22年国勢調査のための実地検証(試験調査) 第3次試験調査(平成21年6月) 第2次試験調査(平成20年6月) 第1次試験調査(平成19年7月).

. 1%抽出集計による結果速報 その1 全国の男女,年齢,配偶関係別人口 その2 全国人口の就業状態及び住宅関係 3. 日本婦人の出産力(昭和25年国勢調査特別集計) 2. 7ポイント下降している。(表-6,第4表) 1.

国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で、5年ごとに実施されます。国勢調査から得られる日本の人口や世帯の実態は、国や地方公共団体の行政において利用されることはもとより、民間企業や研究機関でも広く利用され、そのような利用を通じ. 国勢調査最終報告書 《記述;人口,體性,年齢,配偶関係,出生地,職業,産業,従業の場所,失業,民籍国籍,世帯,住居の室数》 4. 6%)なっている。(表-5) 1. 全国都道府県市区町村人口総覧 その1 全国編 その2 北海道・東北編 その3 関東編 その4 中部編 その5 近畿編 その6 中国・四国編 その7 九州編 8.

平成17年「国勢調査」第2次基本集計結果の概要(pdf:104kb) 平成19年3月2日: 平成17年「国勢調査」第1次基本集計結果の概要(pdf:225kb) ※統計表は、総務省統計局hp(平成17年国勢調査)をご覧ください。 平成18年10月23日. 全国都道府県郡市区町村別世帯および人口概数 2. 最近、国勢調査員をかたり世帯を訪問し、年齢、家族構成や年金の受給状況、利用している金融機関などの個人情報を聞き出そうとする、いわゆる「かたり調査」ではないかとの問い合わせが寄せられております。 現在、国勢調査は行っておらず、世帯に対して個人情報をおたずねすることも行っておりません。また、統計調査員は常に調査員証を携帯しているので、調査員証の携帯の有無を確認してください。 令和2年10月1日を調査期日とする国勢調査の実施に向けて、今後も「かたり調査」の事案が発生することが想定されますのでご注意ください。 不審な電話や訪問等がありましたら、お住まいの市区町村の統計調査担当課又は県統計センターまでお問い合わせください。 詳しくは、「かたり調査にご注意」のページへ(総務省統計局).

平成27年国勢調査速報(人口・世帯数)は、平成27年10月1日に実施した平成27年国勢調査について、確定数の公表に先がけて速報数を公表するために、平成27年11月から12月にかけて市町から提出された要計表を用いて、県独自で集計を行ったものです。 したがって、この数値は当時、県が集計したものであり、後に公表された人口等基本集計(確定数)とは異なります。 平成27年国勢調査速報(人口・世帯数)(PDF形式:323KB) トップに戻る. 平成17年国勢調査第1次基本集計結果概要(確定数) この調査報告書は,総務省統計局が公表した茨城県の平成17年国勢調査第1次基本集計結果のうち,主要な項目について取りまとめたものである。 なお,この報告書は調査票を集計した確定数に基づいている. 第1巻 人口総数 第2巻 1%抽出集計結果 《人口,年齢,配偶関係,労働力状態,職業,産業,従業上の地位》 第3巻 10%抽出集計結果 その1 男女別,年齢,配偶関係,国籍又は出身地,教育,世帯,住宅,出産力 その2 労働力状態,職業,産業,従業上の地位,就業時間 第4巻 全国編I 男女別,年齢,配偶関係,国籍又は出身地・出生地,教育,世帯,住宅 第5巻 全国編II 労働力状態,職業,産業,従業上の地位 第6巻 常住人口及び現在人口 第7巻 都道府県編(46分冊)(その1 北海道 ~ その46 鹿児島県) 《人口,年齢,配偶関係,国籍,労働力状態,職業,産業,従業上の地位,在学者数,世帯,住宅》 第8巻 最終報告書.

4 第1次基本集計結果の統計表を収録した報告書は、後日、総務省統計局から「平成12年国勢調査報告 第2巻 人口の男女・年齢・配偶関係、世帯の構成・住居の状態 その2 都道府県・市区町村編 14神奈川県」として刊行される予定です。. 平成12年国勢調査の結果を早期に利用できるように,1)調査の際に調査員が作成した世帯名簿から市区町村別,都道府県別に作成された「要計表」を基にした人口及び世帯数の集計と,2)すべての世帯の中から約100分の1の世帯の調査票を抽出して集計した基本. 3 第3次基本集計結果の統計表を収録した報告書は、後日、総務省統計局から「平成12年国勢調査報告 第4巻 就業者の職業(大分類)、世帯の型 その2 都道府県・市区町村編 14神奈川県」として刊行される予定です。. 抽出調査に依る 昭和5年国勢調査結果の概観 5. 労働力率・・・15歳以上人口に占める労働力人口(就業者と完全失業者を合わせた人口)の割合 62.4%(全国第3位) 男 71.7%(全国第9位) 女 53.9%(全国第1位) 就業率・・・15歳以上人口に占める就業者数の割合 60.4%(全国第3位) 男 68.9%(全国第6位) 女 52.6%(全国第1位) 共働き率・・・夫婦のいる一般世帯に占める共働き世帯(夫婦ともに「就業者」の世帯)の割合 58.6%(全国第1位) 雇用者(役員を除く)に占める「正規の職員・従業員」の割合 69.8%(全国第3位) 男 84.3%(全国第6位) 女 53.9%(全国第2位) ※割合は、分母から不詳を除いて算出 平成27年国勢調査 就業状態等基本集計 福井県結果の概要(PDF形式:174KB) 主要指数の推移、都道府県および県内市町比較などの詳細をとりまとめました。(平成29年7月19日公表) 平成27年国勢調査 就業状態等基本集計 福井県結果の概要 詳細版(PDF形式:1,637KB) 詳細版 付表統計表(各ファイルExcel形式) 1 都道府県別主要指標 付表1-1 都道府県別労働力率、就業率、共働き率(平成27年) 付表1-2 都道府県別従業上の地位別割合、職業別割合(平成27年) 2 市町別主要指標 付表2-1 市町、男女別労働力状態(平成27年) 付表2-2 市町、男女、年齢(5歳階級)別労働力率(平成22年、27年) 付表2-3 市町別労働力人口全体に占める65歳以上の割合(昭和60年~平成27年) 付表2-4 市町、男女、年齢 (5歳階級)別就業率(平成22年、27年) 付表2-5 市町、夫婦の就業・非就業(4区分)別夫婦のいる一般世帯数(平成27年) 付表2-6 市町、従業上の地位別15歳以上雇用者数(平成27年) 付表2-7 市町、産業大分類別15歳以上就業者数(平成27年) 付表2-8 市町、職業大分類別15歳以上就業者数(平成27年) トップに戻る. 1%増加している。(表-1,第1表,第2表) 1. 沖縄県の主な指標(第1次・第2次集計結果より) 第1次基本集計結果-人口の男女・配偶関係・世帯の構成・住居の状態-(e-Stat) 第2次基本集計結果-人口の労働力状態、就業者の産業-第3次基本集計結果-就業者の職業、母子世帯・父子世帯-(e-Stat). 人口に占める従業地・通学地が「自市町」の者の割合 47.5%(平成22年から0.5ポイント低下) 人口に占める従業地・通学地が「他市町」の者の割合 17.1%(平成22年から0.7ポイント上昇) ※割合は、分母から不詳を除いて算出 昼夜間人口比率 100.0(平成22年から0.1ポイント低下、全国第15位) 平成27年国勢調査 従業地・通学地による人口・就業状態等集計 福井県結果の概要(746KB) 付表統計表(各ファイルExcel形式) 付表1 従業地・通学地別人口および就業者数(平成22年、27年) 付表2 市町別、従業地・通学地別人口(平成27年) 付表3 男女、年齢(5歳階級)、従業地別就業者数(平成27年) 付表4 産業、従業地別15歳以上就業者数(平成27年) 付表5 夜間人口、昼間人口および昼夜間人口比率(平成22年、27年) 付表6 都道府県別夜間人口、昼間人口および昼夜間人口比率(平成27年) 付表7 夜間人口、昼間人口および人口の流出入(平成22年、27年) 付表8 他県との人口の流出入-県、市町(平成27年) 付表9 県内他市町との人口の流出入-市町(平成27年) トップに戻る.

人口集中地区とは ○市区町村の境域内において、人口密度の高い基本単位区(原則として人口密度が1平方キロメートル当たり4,000人以上)が隣接し、かつ、その隣接した基本単位区内の人口が5,000人以上となる地域です。 ○昭和35年より「都市的地域」の特質を明らかにする新しい統計上の地域単位として「人口集中地区」を設定し、集計しているものです。 ○地方交付税の交付額算定基準の一つとして利用されているほか、都市計画、地域開発計画などの各種行政施策、学術研究、民間の市場調査などに広く利用されています。 利用上の注意 人口集中地区境界図を利用する際は、以下のいずれかの要件に当てはまる場合のみに限ります。 1.私的に利用する。 2.一時的な資料として利用する。(打ち合せで利用する等) 3.営利を目的としない教育機関の教員や授業を受ける学習者自身が、授業の過程における使用に供することを目的として利用する。 4.自治体等へ提出する申請書の添付地図として利用する。 福井県の人口集中地区別境界図 福井県全域(PDF形式:285KB) 福井市(PDF形式:798KB) 敦賀市(PDF形式:635KB) 小浜市(PDF形式:538KB) 大野市(PDF形式:589KB) 勝山市(PDF形式:600KB) 鯖江市(PDF形式:559KB) あわら市(PDF形式:635KB) 越前市(PDF形式:645KB) 坂井市(PDF形式:1,735KB) 永平寺町(PDF形式:585KB) 凡例(PDF形式:263KB) 出典「平成27年国勢調査報告 第2巻人口等基本集計結果 その2 都道府県・市区町村編」 この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。(承認番号 平27情使、第49-GISMAP36191号) トップに戻る. 8%となっている。 これに対し,第3次産業の就業者数の割合は昭和15年以降増加が続き,平成27年は64. 10%抽出集計結果 その1 配偶関係・人口移動 その2 産業・職業 その3 出産力 その4 世帯 2. 従業地・通学地による人口・産業等集計結果(神奈川県の確定数)の概要 4. 第1巻 人口総数 第2巻 1%抽出集計結果 その1 男女の別・年齢・配偶関係・国籍・世帯・住宅 その2 労働力状態・産業・従業上の地位・従業地・失業 その3 職業 第3巻 全国編 その1 男女の別・年齢・配偶関係・国籍・世帯・住宅 その2 労働力状態・産業・職業・従業上の地位 第4巻 従業地別人口 その1 就業者の従業地 その2 従業地の産業 第5巻 都道府県編(46分冊) (その1 北海道 ~ その46 鹿児島県) 付 録 日本人口地図 その1 人口分布と人口密度 その2 人口増減率 その3 地形別人口密度. . 解説書とは,国勢調査の結果を公表した後に,過去の調査と比較した結果や解説を加えた報告書です。 1. 平成7年国勢調査報告第2巻人口男女、11平成17年国勢調査報告第6巻そ3従業地、年12月20日年4月現在では 次統計表掲載されていません 通学地とよる人口就業者産業,人口集中地区,第3次基本集計結果仙台市分にとりまとめたも、統計局ホームページ/調査.

第1巻 人口総数 第2巻 1%抽出集計結果 その1 年齢・配偶関係・国籍・教育・婦人の出産力 その2 人口移動 その3 労働力状態・産業・従業上の地位・就業時間・失業 その4 職業 その5 世帯の構成 その6 居住状態 第3巻 全国編 その1 年齢・配偶関係・国籍・人口移動・教育・出産力・労働力状態・産業・職業・世帯・居住状態 その2 従業地・通学地による産業別就業者数と通学者数 その3 常住地と従業地・通学地 第4巻 都道府県編(46分冊)(その1 北海道 ~ その46 鹿児島県). 1%と続いている。(表-8,第6表) 国籍別に最も高い産業をみると,「韓国,朝鮮」は「卸売業,小売業」,「中国」は「農業」,「フィリピン」「タイ」「インドネシア」「ベトナム」「インド」「ブラジル」「ペルー」は「製造業」,「イギリス」「アメリカ」は「教育,学習支援業」となっている。(図-3,表-9,第6表). 其の1 人口の概要 其の2 全国都道府県郡市区町村別人口 其の3 労働力人口に関する概要 其の4 出身地域及び国籍別人口の概要 其の5 視聴覚障害者の数 其の6 世帯数の概要 其の7 年齢別人口. 我が国人口・世帯の概観 我が国の人口や世帯の地域分布,構造及びそれらの動向を分析し,解説したものです。 3. 第3次基本集計結果. 国勢調査報告(平成2年 第3巻 その2 33) - 総務庁統計局 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. その1就業者数、割合-道(昭和25年~平成17年)(22kb) その2対前回との増減数(増減率)-道(昭和35年~平成17年)(21kb) 第2表 職業(大分類)、男女別15歳以上就業者数-道(平成2年、7年、12年、17年)(20kb).

5%)などとなっている。 前回との割合の差をみると,「医療,福祉」が1. 令和2年国勢調査の調査事項は次のとおりです。 1. 4ポイント上昇している。(表-3,図-1) 目次に戻る.

4%減少している。 産業大分類別の割合をみると,「製造業」が8,083人で37. 2)「家庭内職者」を含む。 3. 国勢調査報告(平成2年 第3巻 その2 44) - 総務庁統計局 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 5%となっており,20歳から34歳の各年齢階級で50%を超えているが,35歳以上の各年齢階級で50%を下回り,40歳以上の各年齢階級では,「パート・アルバイト・その他」の割合が「正規の職員・従業員」の割合を上回っている。 「パート・アルバイト・その他」は,男性の30~59歳までの各年齢階級で10%未満である。女性はすべての年齢階級で30%を上回っていて,特に45歳から64歳の各年齢階級で50%を超えている。 また,「労働者派遣事業所の派遣社員」は,男性は20歳から34歳の年齢階級で高く(3.

世帯員に関する事項(15項目)・・・男女の別、出生の年月、配偶者の有無、就業状態など 2. 12 平成22年国勢調査人口等基本集計結果の概要(京都府)(pdfファイル741KB) 「図2」及び「表2」を一部修正(平成26年3月12日). 3%となっている。(表-4) 1. Series: 国勢調査報告 / 総理府統計局編 ; 平成2年第3巻 Catalog. 第2次基本集計結果 3. 第3次基本集計結果 総務庁統計局編 (国勢調査報告 / 総理府統計局編, 平成2年第4巻) 総務庁統計局, 1993 その2 都道府県・市区町村編 24 三重県 その2 都道府県・市区町村編 25 滋賀県 その2 都道府県・市区町村編 26 京都府 その2 都道府県・市区町村編 27 大阪府 その2 都道府県・市区町村編 28. 9-国勢調査報告 / 総理府統計局編 平成22年第3巻. 国勢調査報告 在外本邦人 3.

総務省統計局では,平成27年10月1日現在で実施された「平成27年国勢調査」の人口等基本集計結果(確定値)を平成28年10月26日に公表しました。 この結果に基づく宮城県の結果は,次の「結果の解説」を御確認下さい。. 産業等基本集計結果(神奈川県の確定数)の概要 3. シリーズ名: 国勢調査報告 / 総理府統計局編 ; 平成2年第4巻 書誌id: bnisbn:その2:都道府県・市区町村編 24:三重県その2:都道府県・市区町村編 25:滋賀県その2:都道府県・市区町村編 26:京都府x.

労働力調査(基本集計) 年(令和2年)10月分結果の概要(pdf:284kb) 追加参考表 就業者及び休業者の内訳(PDF:174KB) ※ 過去の結果の概要 についてはこちらをご覧ください。. 全国都道府県郡市区町村別世帯および人口概数 3. ライフステージでみる日本の人口・世帯 日本の人口及び世帯について,ライフステージ別に解説したものです。 2. 4%となっている。(図-2,第3表) 1.

2ポイント上昇している。 夫が就業者で妻が非労働力人口の夫婦は171,484組,24. 日本の人口(昭和30年国勢調査の解説) 3. 国勢調査報告(平成2年 第3巻 その2 14) - 総務庁統計局 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 国勢調査速報 世帯及び人口 2. シリーズ名: 国勢調査報告 / 総理府統計局編 ; 平成2年第3巻 書誌id: bnisbn:その2 都道府県・市区町村編 31 鳥取県その2 都道府県・市区町村編 32 島根県その2 都道府県・市区町村編 33 岡山県. 第1巻 人口,體性,年齢,配偶関係,出生地,民籍国籍,世帯,住居 第2巻 職業及び産業 第3巻 従業の場所(2分冊) 第4巻 府県編(47分冊) 《人口,年齢,配偶関係,出生地,職業,産業,世帯,住居》 第5巻 市町村別人口.

総務庁統計局編 出版情報: 東京 : 総務庁統計局, 1993. 6%減少している。 労働力率(15歳以上人口に占める労働力人口の割合)は60. 7%と続いている。 前回との割合の差をみると,「専門的・技術的職業従事者」が1. 最終報告書日本の人口(平成12年国勢調査の主要結果) 223件 223件 報告書掲載表 223件 223件 公開(更新)日第1次基本集計(男女・年齢・配偶関係,世帯の構成,住居の状態など) 6,225件 6,225件. POPULATION AND HOUSEHOLDS OF JAPAN 国勢調査の結果を英語でまとめたものです。 4. 福井県の総人口 786,740人(男381,474人、女405,266人) 年齢別人口 15歳未満 102,986人(13.3%) 15歳~64歳 451,409人(58.1%) 65歳以上 222,408人(28.6%) 福井県の総世帯数 279,687世帯(うち一般世帯数 278,990世帯) 一般世帯の1世帯当たり世帯人員 2.75人(全国第2位) 持ち家率 75.7%(全国第3位) 平成27年国勢調査 人口等基本集計 福井県結果の概要(PDF形式:139KB) トップに戻る. 全国都道府県郡市区町村別人口(確定数) 4.

第2次基本集計結果. その1 全国編, その2 都道府県・市区町村編 1 北海道・東北i, その2 都道府県・市区町村編 2 東北ii, その2 都道府県・市区町村編 3 関東i, その2 都道府県・市区町村編 4 関東ii, その2. 10%抽出集計結果 引揚申告者数 4. 世帯構造等集計結果(神奈川県の概要) 1. 人口等基本集計結果(神奈川県の確定数)の概要 2. 第3次基本集計結果 総務庁統計局編 (国勢調査報告 / 総理府統計局編, 平成2年第4巻) 日本統計協会, 1993 その2:都道府県・市区町村編 24:三重県 その2:都道府県・市区町村編 25:滋賀県 その2:都道府県・市区町村編 26:京都府 その2:都道府県・市区町村編 27:大阪府 その2:都道府県・市区町村編 28.

全国の部 第1巻 人口,體性,出生地,年齢,配偶関係,国籍民籍,世帯 第2巻 職業 第3巻 普通世帯の構成 府県の部(47分冊) 《世帯,人口,年齢,配偶関係,出生地,国籍民籍,職業》.

国勢調査報告 第2次基本集計結果 平成2年 第3巻 その2 45 - 総務庁統計局

email: sobuheno@gmail.com - phone:(658) 157-7297 x 9766

エアロスミス クロスビート・ - ヤマびっこ 俺の愛する奴隷ちゃん

-> 面接の達人 ’98 バイブル版 - 中谷彰宏
-> ジャンル別九州No.1企業 - 西日本新聞社

国勢調査報告 第2次基本集計結果 平成2年 第3巻 その2 45 - 総務庁統計局 - まほうのカメラ 木曽秀夫


Sitemap 1

お母ちゃん先生がゆく - 赤川次郎 三毛猫ホームズの怪談